背中ニキビ跡を消す@人気ケア商品ランキング

背中ニキビ跡でお悩みのあなたへ

09背中のニキビ跡で悩んでいる女性の方は多いのではないでしょうか?

じつは背中のニキビ跡は、きちんとケアしてあげることで消すことが可能です。
このサイトでは、背中のニキビ跡ができるメカニズムから、背中のニキビ跡を消すのに効果があると評判のケア商品をランキングでまとめました。

背中のニキビ跡を消したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

背中のニキビ跡の種類と原因

ここでは背中にできるニキビ跡の種類と原因を紹介します。
ニキビ跡の種類によって対策方法は異なって来るので、
あなたの背中のニキビ跡はどのタイプのニキビ跡なのかきちんと把握しておきましょう。

赤くなった背中のニキビ跡

背中のニキビ跡(赤み)の特徴

赤みを帯びたニキビ跡の特徴は、軽く頬にチークを載せたような赤ら顔になるのが特徴です。

又、肌はほのかに赤らんでいるものの、特に目立った痛みを伴いません。
症状が重くなってくると、段々赤い色素が濃くなり、やがて肌がうっ血したように腫れ上がってくるので、ファンデーションやコンシーラーでも隠しづらくなります。

背中のニキビ跡(赤み)の原因

背中に赤みを帯びたニキビ跡が発生する原因には、赤ニキビを適切に処置しないまま放置してたのが第一に挙げられます。

又、赤ニキビを悪化させてしまうと、どんどん炎症が患部の外側に肥大し、表皮だけでなく肌の深部にもダメージが広がってしまいます。

しかも赤ニキビまで症状が進行すると、皮膚組織が大きく破壊されるだけでなく、周辺の毛細血管にも被害が拡大する状態になります。

炎症が起きた箇所は、少しでもダメージを修復するために毛細血管を沢山生成しようとするので、やがてヘモグロビンの活動が盛んになり、赤い色素が表皮にまで滲み出てくることから、ニキビ跡に赤みが生じるのです。

ニキビ跡の種類の中でも、赤みを帯びたタイプは軽症の部類であり、約1年程度で自力で消すこともできますが、紫外線を多く浴びるとシミとして根強く残るケースが多いので、治療の過程で日焼け対策も重要になります。

色素沈着している背中のニキビ跡(茶色)

背中のニキビ跡(色素沈着)の特徴

赤みを帯びたニキビ跡より症状が一歩進行した状況で、ほのかに赤く腫れていた患部がうっ血して紫色になり、更に変色を遂げたものが茶色い色素沈着のニキビ跡になります。

紫外線を含む何らかの外的刺激を受けてダメージを受けた結果、シミやアザのような茶色い色素が真皮層に根深く浸透した状態で、治療に大変な時間が掛かってしまうのが特徴です。

カバー力のあるファンデーションやコントロールカラーでも茶色いニキビ跡の色素はとても隠しにくく、後々シミとして残らないように早急な対策をすることが重要です。

背中のニキビ跡(色素沈着)の原因

ニキビ跡が茶色く色素沈着する原因は、表皮の基底層に潜むメラニンが盛んに活性化され、多量分泌してることが考えられます。

つまり、日光を過剰に浴びた影響でメラニン分泌を余計に誘発し、そのままターンオーバーされないまま表皮にメラニンの残骸が残ってしまって茶色いニキビ跡を発症させてしまうのです。

他にも背中にニキビの炎症が広がっている時に、洗浄力が強い石鹸や摩擦力が強いタオルを利用して顔を洗ってしまったり、素手でむやみに患部を触って雑菌を侵入させてしまうなどの

外的刺激も茶色いニキビ跡を作ってしまう原因の1つになります。

茶色くシミのようになってしまったニキビ跡を処置するなら、メラニン色素を漂白する働きがあるビタミンCやハイドロキノンなどの美白成分入り基礎化粧品で早期にお手入れをすることをお勧めします。

クレーター状になった背中のニキビ跡

背中のニキビ跡(クレーター状)の特徴

数あるニキビ跡の中でもクレーター化したタイプは、まるで肌を彫刻したように細かいシワ状のものが跡として残り、手触りもミカンの皮のようにデコボコしてるのが特徴です。

背中の表皮の皮膚組織が破壊された跡がくっきりと目立つのがクレーター化したニキビ跡であり、そのダメージは真皮にまで影響が出ている状況なので、自力でスキンケアしながらじっくり治癒するのは大変難しいのも特徴の1つと言えます。

しかも肌再生を図ろうとする本来のコラーゲンの機能も大きく損なわれているので、肌も乾燥しがちで、毛穴が常に開いている状態なのもクレーター化したニキビ跡の特色です。

背中のニキビ跡(クレーター状)の原因

月面の凸凹のようにクレーター化したニキビ跡ができる原因は、赤いニキビ跡や茶色い色素沈着を長期間治療しなかったのも1つですが、背中の肌に張りと潤いをもたらすコラーゲンやエラスチンの肌の回復機能が大きく破壊され、古い角質が残ったままになっているのも原因の1つです。

又、ニキビ跡が茶色く沈着した段階でのニキビケアが不十分で、肌の真皮にまで及んでいたダメージを根本から取り除けなかった事も、クレーター化になるまでニキビ跡の炎症を悪化させた要因になります。

自力での治療が難しい背中のクレーター化したニキビ跡は、自宅でもセルフケアできるピーリングや、保湿力の高いエイジングケア化粧品で一刻も早く新しい肌を甦らす肌環境に整えてやる事が一刻も早い解決の早道になります。

しこり化した背中のニキビ跡

背中のニキビ跡(しこり化)の特徴

しこり化したニキビ跡は、主にフェイスラインや顎下などにできやすく、クレーター化したニキビ跡のように肌の表面が削り取られたようにデコボコし、炎症の度合いによって赤みを帯びたり白くなったりする場合があります。まれに背中にできるケースもあります。

手触りに関しても、クレーター化したニキビ跡より肌がカチカチに硬化してるのが特徴であり、表皮が盛り上がって隆起してるのが目立ち、少し手が触れて刺激を与えるだけでも肌が赤く腫れ上がりやすいです。

又、しこり化したニキビ跡の炎症の中身は膿になるので、激しい痛みを伴うのも見逃せない特徴の1つです。

背中のニキビ跡(しこり化)の原因

背中のニキビ跡がしこり化してしまうのは、皮膚組織や真皮にまで深刻なダメージを受けた状態の肌が一生懸命に新しい肌細胞を再生しようと奮闘するためです。

繰り返し同じ箇所にニキビを作っていたり、適切な処置をしないで症状を放置してる時にニキビ跡のしこり化は起きやすく、大きく損傷を受けた肌再生機能がコラーゲンやエラスチンを生成しようと過度に働いて消耗してしまった結果、背中の肌が隆起する形でニキビ跡として残ってしまいます。

しこり化したニキビ跡を早期改善するには、美容皮膚科などでステロイド注射やレーザー治療などと並行し、良質な睡眠と順調なターンオーバーを促進するビタミンやミネラルを食生活で積極的に取り入れる事が有効になります。

ケロイド状になった背中のニキビ跡

背中のニキビ跡(ケロイド状)の特徴

ケロイド化した背中のニキビ跡は、赤紫色や茶色い色素沈着が火傷跡のように残るのが特徴です。

ニキビ跡がケロイド化すると、真皮や表皮のみならず毛穴組織までに炎症のダメージが進行しているとも言えるので、肌の滑らかさも完全に失われザラザラとした手触りになります。

しかも肌の再生機能も正常に回らなくなっているので、コラーゲン組織が基底層に蓄積されたまま表皮に上手く押し出されず、そのツケで肌がこんもりと盛り上がって深刻化したケロイド状のニキビ跡を生成してしまうのです。

背中のニキビ跡(ケロイド状)の原因

ケロイド化したニキビ跡が出来る原因は、ズバリ何度も同じ箇所に炎症を作って背中の肌の内部に大きな支障をきたし、ターンオーバー機能が正常に動かなくなっているからです。

しかも何度もダメージを受けた肌を新しく再生しようと働きかけ、細胞を多く作り出してしまった結果、赤みや褐色の目立つ色素沈着を表皮に癒着させ、盛り上がりが目立つニキビ跡として残ってしまいます。

ケロイド化した背中ニキビ跡は、ニキビ跡の種類の中でも大変重度な症状と言えるので、自分勝手にニキビケア化粧品や医薬品を使って完全治癒するのは非常に困難です。

従って外来の皮膚科に通院する事で、ステロイド外用薬やレーザー治療なども検討しながら、症状を抑えていくのが適切な処置になります。

くれぐれもニキビ跡がケロイド化するまで治療を放置するのは極力避け、なるべくニキビの患部が色素沈着し始める早い段階で治療をスタートさせる事が肝心で、これ以上の炎症悪化を防ぐケアを心掛ける事をお勧めします。

背中のニキビ跡を根本的に消す4つの方法

背中のニキビ跡を根本的に消すためには、背中ニキビができないように対策を行うのが一番です。
出来てしまったニキビ跡を消すことより、ニキビ跡の原因から断つ方が現実的です。

ここでは、背中ニキビができないようにするための、4つの方法をご紹介していきます。

 

背中ニキビを根本的に消す方法1. 睡眠をしっかり取る

34背中ニキビは生活習慣が乱れる事によって出来る事が多いです。
食事の面でももちろんですが、睡眠が乱れる事も原因の一つなのです。
睡眠が不足してしまうと、自律神経が乱れ、更にホルモンバランスも崩れます。
そうすると肌トラブルに繋がってしまうのです。

よって、背中ニキビを消すためには、まずは生活スタイルを見直し規則正しい生活をする事が一番なのです。

睡眠をしっかりと多めにとる事を心がけて下さい。
もし、お仕事が忙しかったり、子育てが大変で睡眠がたくさんとれない人は睡眠時間を意識してみて下さい。

睡眠をとる時間が大事でもあるのです。

では、何時が肌に良いのか。
肌の新陳代謝が活発になるのは、午後10時〜午前2時の間なのです。
子供の成長ホルモンが活発に出来るのもこの時間帯だと言われています。
この時間は1日のうちでもっとも大事な時間帯と言えるでしょう。

しっかり睡眠をとると、ストレス解消にもつながります。

ストレスもお肌の大敵ですよね。
ストレスがたまってしまうと交感神経が刺激されて、ニキビを作る原因といわれている糖質コルチノイドというのが作られます。睡眠をしっかり取ることで、お肌も心も改善されるので意識して多目にとるようにして見て下さい。睡眠を改善して背中ニキビを消す習慣を取り入れていきましょう。

背中ニキビを根本的に消す方法2. 「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

01不規則な食事をとったり、栄養バランスが崩れるような食事の仕方はニキビの原因になってしまいます。
しっかり栄養バランスの整った、きちんとした食事生活をしましょう。

では、ニキビを消すにはどのような食事の仕方がオススメなのでしょうか。

実は、一番大切なのは「タンパク質」なのです。
タンパク質は、皮膚はもちろんのこと、髪の毛、筋肉、臓器等々体のあらゆる部分に構成してある成分なのです。

ではタンパク質とは主にどんなものがあるでしょう。
主にチーズ、納豆、豆腐、大豆製品、肉、魚、卵、牛乳などがあげられます。
特に大豆製品は体にも凄く良いと言われていますよね。

次に大事なのは、「ビタミン類」です。
ビタミン類には、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどがあげられます。
これらのビタミン類やミネラルを多く取る事が大事です。

では、ビタミン類とは主にどんなものがあるでしょう。
主に、ニンジン、かぼちゃ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ等々です。

これらを使って、煮物やシチュー、納豆ご飯、海藻サラダ、焼き肉など、たくさんの調理方法があるので、たくさんの材料を使って、きちんとした栄養が取れるように心がけて下さい。ぜひ、背中ニキビを消す食習慣を取り入れていきましょう。

背中ニキビを根本的に消す方法3. 適度に運動をする

20背中ニキビを消すには、適度に運動する事も大事です。
これは、健康を保つ事にもつながります。

運動することで、代謝がアップします。
代謝がアップすると、正しい周期でターンオーバーが行われるのです。
ターンオーバーが行われる事によって、不必要な角質は取り除かれ、老廃物やメラニンなどの排出も正常になります。

背中ニキビを気にして気分が落ち込むと、ストレスがたまってしまいます。
ストレスはもっと肌を悪化させてしまいます。
そんな時、適度な運動をして汗をかくと少しはストレス解消もされると思います。
気分を発散する為にも運動を心がけて見て下さい。

では、どのような運動が適しているのでしょうか。

それは、有酸素運動です。
これはダイエットにも有効的ですよね。
有酸素運動といってもゆっくりのジョギングやウォーキングがおススメです。
激しすぎると、無酸素運動になってしまいます。

無酸素運動になると、逆に体へのストレスが大きくなってしまい、ニキビの原因となる活性酸素が発生してしまうのです。朝起きて30分ゆっくり走ってみるとか、一駅向こうの駅まで歩いてみるとか無理のない程度に心がけてみて下さい。ダイエットにも効果があり、一石二鳥ですよ。

ぜひ、背中ニキビを消す運動習慣を生活に取り入れていきましょう。

背中ニキビを根本的に消す方法4. 紫外線対策をする

50背中ニキビは、顔、胸に続けて次に出来やすい部分なのです。

特に、背中は自分でなかなか見る事が出来ないので、背中がどのような状態になっているのかがなかなか分かりにくいものです。
気づけば、たくさん背中ニキビが出来てたって事もあります。
そうした時、背中ニキビを消すにはとにかく紫外線対策をする事が重要です。
ニキビが出来ていない肌にさえ、陽が当たるのはあまりよくありません。
出来てしまった肌に陽が当たるのはもっといけないのです。
もっと、肌を傷つけてしまうのです。

紫外線には、強力な殺菌作用があるのです。
人は、紫外線を浴びた時、体内に紫外線が入らないようメラニン色素を作りだして
体をガードするような作りになっているのです。
要は、このガードで日焼けというものになるのです。

ただの日焼けではなく、ニキビがある人が日焼けをしてしまうと、その部分は新陳代謝がうまくいかず、ニキビだけでなくシミ、シワの原因にもなります。

また、炎症性色素沈着によるニキビ跡は日焼けをして、消すことが難しくなってしまいます。
背中ニキビになるべく陽が当らないように、パウダーファンデーションを塗ったり、日傘やUVケアなどをしてしっかり対策をしましょう。

背中ニキビを消すためにきちんとUVケアしていきましょう。