自分で簡単にできる背中ニキビ跡のケア方法

見てもらえた

できてしまうとなかなかなくなってくれない背中ニキビ。
顔と違って毎日見るわけでもないし、とケアを適当に済ませてしまいがちではありませんか。
でもたまにしか見せる事のない背中だからこそ、綺麗にしておきたいものです。

背中ニキビの原因を知る

でも背中のケアって手も届かないし、普通に体を洗うだけではだめなのでしょうか。

背中のニキビの原因は、皮脂の過剰分泌や、肌のターンオーバーが正常に行われなかったり、
汚れが残っていることで起こる毛穴のつまりなど様々です。

角質を取り除くことと保湿

しかし、自分でできるケアとしては、顔のニキビと同様に、
古くなった角質を取り除いてやる事と保湿をすることとなります。
それでも背中ニキビが治らないというのであれば、皮膚科にて診察してもらいましょう。

まずは古い角質を取り除く際に注意することは、こすったりして刺激を与えないことが大切です。
そこでおすすめなのが重曹風呂です。

重曹を使ったケア方法もオススメ

ただお風呂に食用重曹を大さじ1杯程度入れてやるだけと作り方も簡単です。
重曹の効果で、優しく古い角質や毛穴の汚れを取り除いてくれます。

その後、化粧水等で背中を保湿してやりましょう。
100均などで売られているスプレー容器に化粧水を入れ、

シュッシュッとかけてやると液だれすることもなく保湿できるのでおすすめです。

背中のニキビ跡を消す!人気ケア商品ランキング【2016版】TOPへ