入浴時の一工夫で背中ニキビ跡を撃退する

時間がかかる

背中のニキビ跡は一度出来てしまうとなかなか治りにくいものです。
特に背中に沢山汗をかくと、雑菌が増えてさらにニキビが増えてしまう事にもなりかねません。
そうならないために、日頃からお手入れが必要です。

背中ニキビを撃退する入浴方法

まず入浴時の注意点です。
皮膚を傷つけない天然繊維のボディタオルで優しく洗いましょう。強くこするとかえって皮膚を傷めます。
シャンプーなどの刺激物に触れないように努め、石鹸をつけるならアロエやヘチマなどの消炎作用がある天然植物由来のものがいいでしょう。

ポイント:使い終えたボディタオルはきちんと水ですすぐ

石鹸で洗って背中を清潔に保つことは大切ですが、そこで注意しなければいけないことは、使ったボディタオルをきちんと水ですすぐことです。
中途半端に石鹸などが残ったボディタオルは、雑菌の温床になります。使ったらきちんと水洗いして乾かしましょう。

ポイント:ティーツリーオイルがオススメ

肌質によって対処は違いますが、肌がある程度丈夫な方には、ティーツリーオイルがお薦めです。殺菌作用が強いので、ニキビ跡によく効きます。綿棒につけてニキビ跡に直接塗ったり、またはティーツリーオイルを薄めたモノを背中にスプレーするなどすると効果があります。

肌がとても弱いと言う人は、ヘチマ関係がオススメです。ティーツリーよりは殺菌力が落ちますが、美肌効果があり、肌を優しく守ってくれるでしょう。

ポイント:肌着は綿100%えお選ぶ

入浴で清潔になった肌を持続させるために、肌着は綿100%のものか、オーガニックコットンを使用したもの、通気性の良いモノを着用しましょう。

汗をかいたら、すぐに着替えることも必要です。その際には、硬く絞ったタオルでさっと拭いて、背中を乾かしてから新しい肌着を身に付けましょう。

それだけでだいぶ違います。

大変ですが、小まめに気にかけてあげることで、背中のニキビ跡はなくなって行くでしょう。

背中のニキビ跡を消す!人気ケア商品ランキング【2016版】TOPへ